読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロになる前の話

日常とかインターネッツとかの雑記

記憶を辿る謎解き

2016年4月17日。

祖父母の家の遺品整理をしていた。

祖母の古い机の引き出しから、一冊の手帳が見つかる。

パラパラめくっていると、「くすんだ桜色の径3cmくらいの小皿を、大切な人にもらう」と書いてあるのに気付く。

食器棚は昨日一日かけて母が済ませたはずだ。

少し気になって食器棚を探すが、それらしいものは見つからなかった。ダイニングはすっかり片付いており、テーブルの上にも物一つなくなっていた。

 

翌日はよく晴れていた。

今日は友人が二人手伝いに来てくれるという。二人とも幼い頃から親しく、私の祖父母の家にも遊びに来ていた仲だ。

祖父の書斎を片付ける予定だ。

チャイムが鳴り、門まで迎えに行き、友人たちと玄関のドアを開けると、目眩がして世界が回転するような気分になる。

気がつくと、そこは祖父の書斎だった。

友人二人も同じように、目眩がして、いつのまにかここにいたと言う。

ドアは開かず、足元には数字が書いてある。

窓の外は靄がかかったように真っ白だ。

なにか、不思議なことが起きているとわかった。

 

祖父の部屋をよくよく見渡すと、昨日覗いた時より物が少ない。

机の上には手帳があり、見てみれば、祖父の生前、60歳ごろの日にちで止まっている。

ドアの足元の数字が頭によぎった。

19××0307

もしかしてここは、「その時」の部屋なのではないか。

気付いてからは早かった。

三人とも脱出ゲームの類は大好きで、よく遊んでいたから、何かキーとなるものを探すしかないと思った。書斎のドアには鍵はついていないので、何か、アイテムを見つければいいのだと。

手帳によると、数日前に祖母から大切な貰い物をしたという。

この「貰い物」を探せばよいのではないか。

手分けして探す。

鞄の中、棚の中、机の下、すべての引き出し、どこにもない。

ふと、壁に飾ってある写真に目がいった。写真のには祖母と祖父が並んでおり、祖父は万年筆を握っていた。日付は祖父の誕生日……その、祖母から貰い物をした日付だ。

誕生日プレゼントに万年筆をもらったのだ!

 

また三人とも目眩がして、気がつくと、祖父の友人の部屋にいた。

映画が好きで、よく祖父とビデオを貸し借りしていた仲だ。そう説明すると、友人はすぐ「そのビデオを探せばいいんだな」と理解した。

部屋には大量のビデオがあったが、すぐに見つかった。

怪獣もの。祖父が好きだった作品。私が幼い頃によく見せてくれた映画だ。

そして、目眩がした。

 

そうやって、目眩と探し物を繰り返し、幼い頃に祖父母に抱かれた日々を思い出していた。

 

何度目かの目眩が治ったとき、ドアの足元の日付は20160416、現実での一昨日の日付になっていた。

場所はダイニング。

食器棚だ。すぐに気付いた。昨日のすっきり整った食器棚とは思えないほど、パンパンに食器が詰まっている。

祖母は食器集めが趣味だったのだ。

友人と手分けして探す。「くすんだ桜色の径3cmくらいの小皿」。

それは、食器棚の一番上の段から見つかった。大切に紙に包まれていたその小皿は、箸置きのように小さく、桜の花びらのかたちだとギリギリわかるほどに歪だった。

小皿の裏には、名前が彫ってあった。祖父の名だ。

祖父が作ったものだった。

 

長い目眩が終わると、晴れた日差しの中だった。三人で、玄関のドアの前にいた。

 

祖父母の家には、思い出のつまったものがたくさんあった。

祖父が祖母から貰った万年筆、小さい頃によく見せてくれたビデオ、そして、ダイニングのテーブルの上には、あの小皿があった。

 

友人たちと不思議なこともあるもんだなと話し、祖父の書斎の整理を始めた。

思い出話に花を咲かせながら。

 

……

 

という夢を見ました。

夢で謎解きなんてすごく大変で、起きた時の疲労感はすごかった。二度寝したくらいに。

でもなんかすっきりする夢でした。

 

今年はプロレスに出会うためにあった

5月、プロレス団体DDTが運営する居酒屋 エビスコ酒場と、バー ドロップキックに連れて行ってもらいました。
7月、葛西純プロデュース興行『Crazy monkey presents 東京デスマッチカーニバル2016』に連れて行ってもらいました。初プロレス。初デスマッチ。
11月、DDTフェスに行きました。初1人プロレス。
12月、12.25 DDTとBASARA通しで見ました。1人。
翌日12.26 葛西純プロデュース興行『Blood Xmas 2016』見に行きました。1人。

プロレスラー写真名鑑も買いました。
プロレスラー全身写真名鑑も買いました。

Tシャツもパーカーも買いました。
サインももらいました。


絵まで描いてしまった。

今年はプロレスに出会うための年でした。
来年は、プロレスをもっともっと知る年にしたい。

ーーー

ついでに
今年はマッチョ29と出会った年でもありました!


絵も描いてた。

来年もがんばりまっちょ!

1 : 1.618

少し前から新しい薬を追加してたけど、合わなかったので、
以前も処方されたことのあるルーランに変更になりました。
それ以来調子がいい。
夜中に起きることがなくなり、早朝覚醒は5:00から6:00になって、
洗濯も、掃除も、料理もできるようになった。
(今日は久しぶりに夜中に起きたし5:00に目が覚めたけど)

明日は復職に向けて面談してきます。
がんばろう。

Lancers、始めました

クラウドソーシング「ランサーズ」……
クラウドソーシングサービス……
在宅でPCをポチポチするとお金がもらえるサービスです。
有名なので知ってる方の方が多いとおもいます。


クラウドソーシング「ランサーズ」

うつで退職してから早3ヶ月、お薬のおかげで集中・気力・起きていられるようになったので、Lancers、始めてみました。
とりあえずロゴマークのコンペに2つほど出してみたところです。
どうなるかな。

完全出来高制です。
お小遣いになればいいかなという感じ。

とん亭、美味い

とん亭は初回から食欲に負けて食前写真が無いのです。

席に座ると、まずお新香が出てくる。早い。
お新香を受け取り、メニューを見て注文をすると、お茶が出てくる。
夏だから冷たいお茶。グラスがかわいい。
キャベツ用のドレッシングも出てくる。
お茶を飲みつつお新香をいただく。ぽりぽり。かりかり。食感がいい。美味い。
「これとんかつにかけるやつね。醤油ね、多めにかけてね。ソースもあるけど。」
新たなお鉢。大根おろしと輪切りのお葱。
やばい、これでとんかつ食べたら止まんないでしょ、って、胸が高鳴る。

で、少しの間テレビを見てると「こんなのオマケね」って小皿が出てくる。
オマケがこんなに美味くていいのかってくらい美味い。
多分このお店の酒のつまみはめちゃくちゃ美味いんだろうなって確信するオマケ。

店内を見渡すと豚のぬいぐるみや置物の多いこと。
そして、カウンター上にはメニュー札が貼ってある。
「アル中の恋人!! 冷奴」なんてまあ阿佐ヶ谷らしいというか。
テーブルの上には「コロッケ(タレントではない)」。いい。
おとうさんとおかあさんのおしゃべりも聞いていてひどく和む。心地いい。
「はい、ロースね。」
揚げ物の音にも盛り付けの気配にも気付かないうちに、目の前に現れる大皿。
細かな衣がこんがりキツネを少し越した色。
ごはんもすぐ出てくる。「ごはんこのくらいでいい?」はい、いただきます。
醤油をお鉢の大根おろしに回しかけ、とんかつ一切れの端にたっぷり載せる。
ザク……。
全く脂っこくないのに、口の中が潤う。
大根おろしと醤油ととんかつがお手て繋いで三回回って口の中から消えてしまう。
なんだこれ。
キャベツにドレッシングをかけ、食べる。美味い。
ポテトサラダ、美味い。
パセリ、美味い。
お新香、美味い。
ごはん、美味い。
とんかつ、美味い。
キャベツ、美味い。
ポテサラ、美味い……。
なんだこれ。
いつの間にか大半なくなっている。ペースが早い。私は誰だ。
「キャベツ少しいる?おかわりできっからね。」
少しだけもらおうかな、って言ったら片手でひとつかみドーンときた。少しってなんだっけ。
でも平気、ドレッシングがある。この最強ドレッシングがあればキャベツ5皿は余裕。

ごちそうさまでした。
普段は少食なのに、美味しいものはたくさん食べる。私はそういう人間だ。
あと、ジム帰りはよく食べる。

ロースとんかつ単品と、ごはんで税込1447円。消費税高いね……。
定食だと少し値段が上がって、味噌汁がつく。
味噌汁は体にいいのでみんなは定食を頼んでね。

阿佐ヶ谷、いいとこだね。

昨晩はよく眠れなかった

先々週、メイラックス 1mg を夕食後1錠処方されてたけど、毎日10時まで爆睡してしまっていたので、ソラナックス 0.4mg を朝夕2回1錠ずつに変更されました。
結果は変わらず10時まで爆睡しているので、寝付けない+過眠のコンボが悪いだけなのかなと思います。
でも、
昨晩はよく眠れなかったです。
この数週間こんな調子なので朝のゴミ出しもできなかったのですが、今日はできた。あんまり記憶が残ってないので、いつのまにか出してたみたいです。
昨晩寝付いたのが23時。最近の中では早い!
「あ〜よく寝た!すっきり!もう朝かな?」と思って目を覚ましたのが深夜1時半。
あまりに感覚と違うので動揺して寝ようとするけど寝られない。
ずーっとごろごろ動き続けて、仰向け、横向き、うつぶせ、丸まったり、色々。
前述の通り7時にゴミ出しをした(らしい)後、また昼まで眠れず起きられずごろごろ。
朝のお薬も飲めず。怒られないかな。

そんなであまり体調も優れず、でも軽く動いた方がいいなと思ってジム行ったら、びっくりするほど汗が出なくておかしいなと思って有酸素はすぐやめて、マシンを負荷減らしてちょろっとやって、ジャグジーに入ってました。

仕事しなきゃって常に焦燥感があるんだけど仕事できる状態じゃないのは自分が一番よくわかっててつらい。
親と電話するとすぐ仕事探してるの?って話になるので電話したくない。
そのたび泣いてしまう。わかっててほしい、見守っててほしい。心配だから言ってしまうんだろうな。

毎日死にたいなって思っておもむろにツイッターのアカウント消したりしてるけど、生きてるうちは死なないので大丈夫だと思います。
死んだら死んでしまうからね。

    • -

これは全く関係ないんだけど、
iTunesでアーティスト一覧 "a" のところに avicii がいないんで、
"avicii" で検索したら David Guetta の feat.曲しか引っかからなくて、
まっさか〜と思ってアーティスト一覧「あ」のとこ見たら「アヴィーチー」がいました。
本当やめてよね、カタカナ表記にするとダサすぎるんだからDJっていう生き物は!

スクリレックスとか、デヴィッド・ゲッタとか(デイヴィッド・グェッタじゃないんだ......)、
ハードウェルとか……関係ないけどフランツ・フェルディナンドとか……。
deadmau5とか一番やばいと思うよ。かわいそうに。
kors k をコースケって書いてみてよ!iTunes Store さん!

自分を変えると、自分が変わる

なんか自己啓発ブログみたいなタイトル。

4月に新入社員になりまして、
6月にうつになりまして、
7月に退職しました。
現在絶賛無職、絶賛うつ通院中です。

日々、死にたいと思います。
なんで生きてるんだろう。
私以外の人はちゃんと生活しているのに、どうして私は動けないんだろう。
どうしてダラけてしまうんだろう。
いつまで親の脛をかじるんだろう。
どうしてみんなは仕事ができるんだろう。電話が取れるんだろう。嫌な上司がいても平気なんだろう。
どうして私はそれができないんだろう。
うつが寛解しないまま再就職すると再発するというのを聞いて甘えてるだけなんだ。
生活をめんどくさがってサボっているだけなんだ。
卑怯で、最低で、どうしようもないクズだ。
だから友達から嫌われているんだ。
毎日ひとりぼっちなんだ。
私を必要としてくれている人なんかひとりもいない。
私じゃないとダメだなんて、誰からも思われていない。

毎日泣いて、動けなくて、
「また今日も何もできなかった。」と自分を責めて泣いて、
薬を飲んで寝る。
最近の日常はそんな感じです。

自分を変える

昔は「死にたい」と思ったらリストカットをしていました。
血を見ると、すっきりして、馬鹿らしくなって、楽しくなっていました。
アドレナリンが死への羨望や恐怖を吹っ飛ばしてくれるんだと思います。
でも、家族にバレてからは、あまりできなくなってしまいました。

バレてからもひどい時にはついリストカットしてしまっていたけれど、
普段つらくなった時にしていたのは、
髪を切ることや、マニキュアを塗ることピアスをすること指輪をすること
自分じゃない自分。
他人に見られた時の自分を、内面の自分とは違う人間にすること。

当時の髪はツーブロックで、金のメッシュを入れたアシンメトリーなベリーショート。
シルバーのごつい指輪をして、シルバーのごついピアスをして、爪は黒や紫、ミリタリーファッションで身を包んでいた。
自分の中の弱さを打ち消すために、コロコロ自分を変えていた。

変化を望まなくなった時から心の動きが減った

そんなミリタリ少年時代から数年経って、結婚や安定を考え始めた頃。
派手な服は着なくなり、無印良品ユニクロしか着ない時期が来ました。
心に落ち着きが出たといえば聞こえはいいけれど、
実際には、何にもときめかなくなってしまった。
そして、何に対してのやる気もなくなってしまった。

最近してることといえば断捨離です。
「断」をやめるとストレスになるので、完全に無駄なもの以外は許しています。
「捨」と「離」を進めています。
この「捨」の基準って、「ときめかないものは不要なもの」なんですよね。

その当時、身の回りのものすべてが不要に思えるのに、捨てるという行動すら起こせなかった。
最悪ですね。「なんでこんな部屋に住んでいるんだろう」って思うだけでなにもしないの。
できない、じゃなくて、しないの。
すべてがどうでもよくなってしまった。

自分を変えたい

その「すべてがどうでもよくなった」頃から、紆余曲折ありました。
紆余曲折あった中でも変わらないものがひとつ。
髪型です。
服、友達、環境、いろいろなものがめまぐるしく変わってきたけど、
髪型だけはそのままにしていました。
似合ってたし、気に入っていたのもあるんだけど。
それが、最近、自分の写真を撮ることが増えて、似合わないと気付いてしまったわけです。
めまぐるしく変わった世界で、変わらない髪型がいつのまにか似合わなくなっていた!
このアンバランス。

自分を変える。
今の自分にあった自分に、見た目から変えていく。
そういう感じです。

マニキュアもピアスも指輪も復活したので、いい傾向なのかなと思います。
泣きながらでも前を向いてれば、そのうち一歩を踏み出せるんでしょう。
早く踏み出さなきゃ!って焦って余計泣いてるので、それをまずやめたいな。